1990年代ごろ旧ソ連崩壊後、社会主義から資本主義に社会が一変した。 モンゴル国内の経済は崩壊して企業倒産も相次いだことから失業者が急増し失業率は60%ともいわれた。 その影響で、沢山の子供たちが貧困に苦しめられ、子どもへの虐待が社会問題化した。 27年前。ちょうどあのときに生まれた子供が今のモンゴルの若い世代だ。 彼らは社会崩壊とともに生まれ、急激な社会の変革と極度の貧困を経験しながら成長してきた。私もそのなかの一人である。 だからこそ、私達の世代こそモンゴルの未来を創り、変化をもたらすことが出来ると私は信じている。 またそうさせるべきだと確信してる。
モンゴルは現在、深刻な腐敗汚職などの問題により国の成長が進んでいないことはまぎれもなく事実だ。 だが私たちが時代を作り、国を変化させモンゴル国が再度世界に名を知らしめる日はそう遠くないだろう。 私たちの成長とともにこの国の変化を暖かく見守っていただきたい。

株式会社 type Ravjaa.S